YK243

Story / YK243の開発物語

『神戸の風を感じられる靴を作れないか』YK243の開発はそこから始まりました。
YK243は神戸のメインストリートを表しています。
YK(山の手幹線)、2(2号線)、43(43号線)
神戸という街はお洒落というだけでなく、昔から日本でもいち早く海外の異文化を受け入れてきた街でもあります。
神戸のシューズメーカーであるフォーナインシューズが作る靴は、国・民族・文化の違いを超えて、今までにない新しい価値を生み出しています。
世界中の全ての人の生活と人生をますます豊かで実りあるように、という想いからYK243の靴は作られています。

Characteristic / YK243の特徴

①フラッフィーソール

一般的に多く使われているのがPU素材のソールですが、フラッフィーソールはKPU素材で作られています。
これはとても柔らかく屈曲性があり、摩耗性と滑りにくさも兼ね備えた本当に素晴らしいソールです。

②中底とランニングに豚革を使用

一般的に多く使われているのは合成素材ですが、本革を使うことにより履いた時の足あたりと履いて行くほどに足馴染みが良く、特に夏場など素足で履かれた時には何とも言えない素晴らしい肌触りを感じていただけます。
また、汗をかいても靴の外に放出してくれますので一日たっぷり歩かれても快適に履いて頂けます。

③アッパーにゲージの厚めの本革を使用

YK243で使われている牛革は、ゲージの厚めの牛革を使用しています。
贅沢な革の使い方ですが、見た目が合成皮革にはない革本来の豊かな表情と履いた時の包まれたような、素晴らしい履き心地を実現してくれます。

Product list / 商品一覧